自然エネルギーを育てる市民による「グリーン・ファンド」をつくりましょう。
 


“グリーン料金10パーセント運動”

皆さんは、今使っている電気を作るために化石燃料を使う事や、後世の人たちに皺寄せのいく原子力発電で電気が作られることに心の痛みを覚えていることと思います。そして、多くの人が自分たちの使うエネルギーは太陽光などの再生可能エネルギーが望ましいと感じています。

でも、「自分の家には太陽電池を乗せるスペースがないから」、「今は、まだコストが高く、それだけの資金がない」といったことで踏み切れないのが実情です。そこで、わたしたちは、こうした人たちの思いを形にしたいと考え、自然エネルギーを育てる基金『グリーンファンド』を設立することにしました。
 
 


このファンドは、みなさんが毎月払っている電気代の1割で
 
未来のエネルギーを支えるというものです。

さて、あなたの家の電気代はいったい、幾らぐらいでしょうか?一ヵ月に3000円?それとも5000円?もっとでしょうか?

具体的にはあなたが一ヶ月3000円の電気代を払っているなら300円、5000円なら500円を未来の為にファンドに寄付しこの仕組みを支えます。

(毎月使う電気代を1割節約すればあなたの負担はふえません。それは、化石燃料の節約にもなり、環境負荷を下げることにつながります。また、これは産業界の反対で導入が遅れている環境税を先払いすることになり、先導的役割を果たすことになると考えて良いでしょう)

でも、お金をいちいち振り込むのは大変?そうですね。

で、この基金の集金業務は、電力会社に委託することにします。多くの人達が、この基金に協力することを約束して頂けるなら、その数が1000人、1万人といった数になるなら、必ず、電力会社もお金を取らずに協力してくれる事でしょう。

基金の運営は公開で行ないます。インターネット上にすべて公開します。(ノン・プロフィットな団体ですから隠すことはありません、また、こうしたファンドの内容は隠すべきではありません。公開して恥じることのないファンドの使い方をしましょう)

批判や意見を積極的に取り入れることによって望ましい組織運営の実験をも行う事ができると思います。

別に、これで利益を上げる必要はありません。ただ、このことによって将来、望ましいエネルギー供給システムを作り上げて行けるように為ることを望んでいるだけです。



このファンドの取り組む事業は、

太陽光発電などの環境負荷の無い再生可能エネルギーの普及活動と省エネルギー啓蒙活動です。

(ファンドに寄せられた基金をもとに下記の活動を行います。)

こうした運動は、政府や企業が負担すべきだという意見があります。まことに、もっともな意見ですが、政府や企業が、これ迄、こうした我々の要望を聞き入れてきたことがあったでしょうか?やる気のないのはこれ迄の対応から明らかです。これまで、人任せにしてどれだけの事が出来たでしょうか?どんな仕組が出来たでしょうか?

こうした問題を専門家や企業に任せてきた結果が原子力発電で40パーセントの電気を勝手に作られてしまう事をゆるすことになった事を忘れてはいけません。さらに既得権益のなかで、こうした予算が新たに設けられるとは考えられません。予算措置が行われても役人が増えるだけ?だったりします。

むしろ、だからこそ、我々は、自らの手でこうした仕組を作り上げる必要性があると考えます。

私たちは自分たちで管理できる仕組を作らねばなりません。そして、これは新たな自分たちの参加出来る社会的枠組みの実験ともなると思います。皆さんの参加を願っています。