1999/05/22

速日の峰(北方町)の風力発電

 
宮崎県北方町に大きな風力発電機がお目見えした。オランダラガウェイ社製の750kW機、国内で導入されている風力発電の機材としては最大級のものである。これは三重県の久居市が導入したものと同じである。場所は町の中心から南西の方角に有る山上のETOランド速日の峰ってところ。

で、、わざわざそれを見にいってきましたよ・・・。(1999年5月15日)
 
まー遠い。延々と山を登る。車でこんな所まで登るかというぐらい遠い。(車で行くとCO2が大量に出るぞ)で、頂上には人工芝スキー場とかあるんですよ。何かそぐわない・・・。こんな所に遊び場を作る事自体、環境破壊以外の何物でもない気もするな〜。本当に一体何を考えているんだろ?

で、ここには宿泊施設もあって、何と大きな風呂がある。入浴料は300円、で、入ってきました。気持ちよかった。でも、化石燃料できっと沸かしているんだよね。勿体無い・・・。利用者は無いんじゃないの?ぼく達で貸しきり状態。眺めが良い。昨日はかすんでいて見えなかったけど、日向灘から阿蘇山まで見渡せるという。

さて、肝心の風力発電機だけど・・・

何とか、廻ってました。で、見てると8キロワットとか15キロワットとか、あまり元気が無い。風速も3メーター内外、カットイン風速が3メーターだからすれすれの低空飛行状態かな・・・。でも、ちゃんと電気をおこしているというのはけなげ。なかなか見栄えも良い。けど、たった1本というのはやや寂しい・・・。
 
で、瞬間発電量が見えるようになっているけど、一緒に行った友人が、せっかくなら総積算発電量だって見られるほうが良いのにと言ってました。そりゃ、そうだ。さらに、それが化石燃料のどれぐらいに相当するかということもわかるようにしてもらえばいいのにね。

どうも、その見栄えのよさを考えて設置したようで観光面に偏っている気もするな。しかし、ああ言う施設があればその分だけ電気代を支払わずに済むのだからそれで価値があるよね。観光客が来なくても職員や維持費が掛かる。でも、風力発電は風さえあればその分稼いでくれるんだから・・・。実に結構な事だ。

こういう物を作る時は必ず、エネルギー自給も考えて欲しいね。それが地域興しに繋がるんだから。まだ、本気でエネルギー問題を考えてはいないようだけど、まず、一歩かな・・・。でも、本当に、実績値の報告が欲しい!

「太陽光・風力発電トラスト」運営委員・中川修治 

【参考】

北方町のHP   http://www.miyazaki-nw.or.jp/kitakata/

風力案内     http://www.miyazaki-nw.or.jp/kitakata/wadai/wadai5.html