1997/05/24

設置工事終了しました。


あなたの思いも載せて、てんとうむし1号君が なんてん共働サービスの屋根につきました 。本日は朝から雨、にもかかわらず20人ほどの方が来てくれました。工事は10時過ぎ から始めました。午前中に設置の為のフレームを組み、昼ご飯の後、パネルの設置を進め ました。パネル自体の設置は3時ごろまでに全部終りました。

京セラ製の3.45kWシステム。パネル枚数は30枚。写真は近々、HPに掲載します 。(実はデジカメ持ってないのと、写真を撮ろうとしたら私のカメラの電池が切れていた 、こんな事ってよ〜〜くあるんですよね)
 

 
遅ればせながら・・・TVのニュースから転用させてもらいました。

屋根の工事だけでなく電気工事まで、ストップフロンの事務局長、野口さんが今年19歳 になる息子さんと担当、最後まで残って、仕事をしてくれました。感謝、感謝、大感謝。

京セラの代理店の重森さんも頑張ってくれました。雨が降ってすべる太陽電池の上で腰に ロープを掛け、留め金を取り付けていました。もうひとかた一緒に来て頂いた方もご苦労 様でした。

昨日、急遽、電話で応援をお願いした 淡海 文化振興財団の阿部さん、ご家族で来て頂きま した。阿部さんは合羽を着て「おれ、高所恐怖症なんだけど」と言いながら屋根の上での 作業に加わって頂きました。

今日、故郷、富山で法事がある今回のプロジェクトの代表村本孝夫 滋賀大教授、ヘルメッ ト姿もりりしく?2時ごろまで設置工事に加わって頂きました。食事中は東京から取材に 来た朝日新聞の記者に説明したり、大阪から来たMBSの記者のお相手、休む暇無し?も う、出かけなきゃ行けないぎりぎりの時刻までNHKのインタビューにも応じていました 。ご苦労様でした。

なんてん社長の溝口さん、バケット作業車の運転ご苦労様でした。昔、免許を取っていた そうです。これのおかげで安全に作業が出来ました。やっぱり、借りて良かったね。これ は取材陣の為にも大活躍でした。

桧山さん(本人は神戸で仕事があるという事で始めちょっと顔をだされました)の奥さん 、溝口さんの奥さん、阿部さんのおくさん、なんてんの女性陣はお昼の食事時の味噌汁、 後始末などして頂きました。

見ているだけで?具体的作業はなんにもしなかった?取材陣(テレビはNHKとMBS、新聞は地元から毎日、中日、滋賀報知、県外からはるばる朝日新聞東京本社の方)ご苦労様でした。でも、ちゃ〜〜〜と、伝えてくれるんだよね?それがお仕事なんですから・・・。と言っている私が実は仕事を一番してなかったりして・・・。 -------------------------------------------------------------------------------- 追記 5/25

昨日、あれだけ降ったのに今日は曇り、雨らしい雨は降らず。一体、誰が雨男、雨女?でも、あの雨にも関わらず、参加して工事に携わってくださった方々の思いが次の時代に繋がっているのです。残念な事に「てんとうむし1号」君は、6月2日の運転開始までお昼寝?です。(もう、運転できるんですが、関西電力が「良いですよ」と言わないと運転、出来ないのです。困った事です。)