2001/09/02

牛小屋の屋根を市民共同発電所に・・・発電開始!

日本で最初の市民共同発電所「ひむか一号」のある、宮崎県串間市に「太陽光・風力発電トラスト」が新たな取り組みとして一次産業との協力で新たな市民共同発電所が出来ました。(発電開始は7月下旬)

場所は国道220号線沿いの串間市高松です。串間市の中心部から鹿児島県志布志方面に走っていくと右側に見えます。現時点で4KW(三菱電機製)ほどのシステムなので普通の家で使う電気の1.5軒分ほどが作られています。プロジェクトでは会員が増えたらさらに増設する予定です。増設時は他のメーカーのものを設置して各メーカのものを比較できるようにしたいと考えています。
 
 

 
「ひむか3号」くんの載っている牛小屋全景(前を走っているのはJR志布志線)


「屋根の面積と比べれば子牛とおなじぐらい可愛いシステム」

 
   左が売電メーター、右が買電メーター      上の数字が殆ど発電開始以来の発電量   

出資会員のご協力を得て、串間市高松の山下さんの牛小屋の屋根に市民共同発電所「ひむか3号」くんが出来あがりました。もう既にこの8月からサンサンと輝くお日様の光をきれいな電気に変えて皆さんの元に届けています。

牛小屋の家主・山下氏は「調子よく動いているよ。8月は本当に暑かったけどその分お天気もよくたくさんきれいな電気が出来たので、皆さんのところへたくさん電気が送れているね」と話していました。

今回のプロジェクトは、1995年に串間市市木の三戸サツエさん方に市民がパネルを持ち寄って設置した日本で一番初めの市民共同発電所の取り組みをさらに市民の出資する日本初の市民公共事業として発展させるものです。(公共事業と言うと今では悪の巣窟のように言われてますが、個人の所有物だけで社会が成り立つわけが無いんだから・・・・、社会にとっては本当は必要不可欠なものです)

電気という財は実に公共性が高いのです。だってそれ無しでは今や日本の社会は動かないし、個人の生活だって成り立たなくなっているのですからね。

これは、化石燃料を使ってCO2を大量に排出し地球温暖化を進めて地球環境を破壊をする大型火力発電所や放射性廃棄物や事故の可能性のある原子力発電所などのような大規模集中型のものではなく、次世代への負の遺産とならない自分たち一人一人が責任をもって取り組むエネルギー生産の在り方です。

この発電所は市民がお金を出し合って作っています。設置に掛かった費用を会員で出し合い、そこで出来た電気を一括、屋根の提供者の山下さんが買い取ります。ここで入って来た売電料金はお金を出した会員に還元する市民事業です。(勿論、現時点では儲かりません。だって電気を売った収入で設置費用が取り戻せるには20年以上掛かるのですから・・・)

と言う事で、ここで発電されたきれいな電気は出資会員の出資額相当がその分自分で作ったきれいな電気になります。何故ならここでつくられたきれいな電気は電力会社の送電線を汚い電気を押し戻しながら会員の元へと届いているのですから・・・。

今回のプロジェクトは一口10万円で会員を募集しています。(会員はこの趣旨に賛同して会員なって会費として10万円を出すんだから特定多数ではないんです)

この会費は返還できませんが、会員にはこの発電所の共同所有権が有り、このプロジェクトの運営に関しての発言権があります。皆さんで一緒にこの発電所を育て身近な自分のエネルギー問題を考えて行きましょう。

プロジェクトでは今後、エネルギーと地域の経済との関連などを研究し政策提言などを積極的に行っていきます。是非、このプロジェクトを一緒に支えてください。

この9月24日午後から現地・串間で発電所開始記念の集いを開きます。是非、ご参加ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

市民共同発電所串間新プロジェクト“牛小屋の屋根に市民共同発電所を・・・
「ひむか3号くん」プロジェクトへの会費出資参加者、及び、関係者の皆様へ

  「太陽光・風力発電」トラスト運営委員・中川です。

串間市の新たな市民共同発電所「ひむか3号くん」はこのほど、遅ればせながらやっと完成し(済みません、私がもっと頑張れば良かったんですけど・・・、何せ外にもお仕事があるので・・・遅れ遅れになっておりました)、この7月末から運転を開始し、皆さんのお宅に、少しずつですが、お日様の光をきれいな電気に変換して届けています。

  <http://page.freett.com/trustjp/kusima/usigoya-pkaisi.html>

さて、プロジェクトではこの運動の意義を参加された皆さんで再確認し、今後の展開を考える為に、ひむか3号くんの運転開始お祝いを兼ねて集まる事に致します。(時期としてはちょっと遅いぐらい?済みませんね〜)

で、急なお願いで申し訳ないのですが、この9月の末に集いを持つ事としました。

日時は今月(9月)の24日(月曜日)です。連休の最後に日となり、お忙しい事とは存じますが、是非、ご参加くださるようお願いいたします。

当日は午後1時に現地に集合し、「ここはちょっと違う市民共有の発電所なんですよ」ということを皆さんに分かってもらえるよう市民共同発電所の看板を掛ける事にします。

その後、ちょっと離れていますが、と言っても串間市内の北方にある「農村環境整備センター」に移動し、2時半ごろから今後の運動の進め方などを皆さんと話し合って決めたいと思っております。

また、折角の良い機会ですから串間市へ「市民発の新エネルギー推進提案書」を出す事にしたい思っていました所、今回のプロジェクトの共同代表の一人、田上さん市へ問い合わせたところ市長がこの次の日25日の午前11時ごろから30分程時間を取れるという事なので直接会って提案書を渡したいと思っています。

   ==============================
現市長の野辺氏は近々、もしかすると、選挙違反の連座制を適用されるかもしれない方です。

<http://www.the-miyanichi.co.jp/news/index.php3?PT=1&DT=20010914>

(昨年十一月の串間市長選挙をめぐり、当選した野辺修光市長の元大束地区後援会長で公選法違反(買収、被買収など)の罪に問われた同市一氏、農業中川長次被告(71)について、最高裁第三小法廷(奥田昌道裁判長)は十三日までに、上告を棄却する決定をした。)

   ==============================

提案書に関しては以前、串間市に「太陽光・風力発電」トラストが出したものがありますし、他の方々から伺っている事などからたたき台を作って持ってまいります。アイデアがあったら事前にメールでお知らせ下さい。

この内容に関しても、皆さんと議論したいと思いますので、是非、私も一緒に今後の事を考えたいと思われる方はご参加くださるようにお願いいたします。

  出来れば出席の可否を当方までお知らせいただければ幸いです。

   PHS 070−5500−4474 中川修治

出来れば・・・、下記のメールでお願い。

   E-mail ng-nd@ma2.sekiyou.ne.jp