シンポジュームご案内 
 
第5回 わが家で太陽光発電シンポジューム
 
日時/1998年5月12日(火) 
午後1時30分〜4時30分(午後1時開場)
 
会場/毎日新聞オーバルホール
(大阪市北区梅田3−4−5)
 
 
入場無料・定員500人定員になり次第締め切り
  
 
□基調講演 
 
「21世紀文明とクリーンエネルギー開発 −太陽光発電の進歩−」
濱川 圭弘氏 (立命館大学副学長・阪大名誉教授)
  
□パネリスト
   
        米田 文重氏(近畿通産局資源エネルギー部長)   石川  修氏 ((株)ミサワホーム総合研究所取締役技術開発部長)
星野健一郎氏((財)新エネルギー財団・常務理事)  見城美枝子氏(青森大学・エッセイスト)          
 富田 孝司氏(太陽光発電懇話会幹事)        濱川 圭弘氏(立命館大学副学長・大阪大学名誉教授) 
 
コーディネーター/渡辺 悟(毎日新聞大阪本社経済部編集委員)
 
 
応募方法 官製はがきに、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、参加人数、質問事項を明記して
 
宛先 〒530−8030 大阪中央郵便局私書箱321号毎日新聞社「第5回わが家で太陽光発電シンポジューム」係
 
FAXでも受け付け  FAX 06−346−8665
 
問い合わせ先 電話 06−346−8662まで
 
 
主催=毎日新聞 
 
 後援=通産省・環境庁・科技庁(予定)・近畿通産局・新エネルギー財団・新エネルギー産業技術総合開発機構・
(社)ソーラーシステム振興協会・太陽エネルギー学会・太陽光発電懇話会・(社)日本電気工業会
 
<協賛>
 
三洋電機 シャープ株式会社 ミサワホーム株式会社 三菱電機株式会社
 

何が面白いか?って、そりゃ〜〜、協賛の会社ですよ。サンヨー、シャープ、ミサワは分かる。でも三菱電機というのが笑える。三菱は原発も作っているんだよね。原発が儲からないし?危ないという事で昨年から?止めていた太陽光発電に再度、参入しているのだ。(かなり、昔はやっていた)まったく、何を考えているんだか・・・。

何か、商売の片棒を担ぐシンポジュームだね、これでは・・・。だって、すでに太陽光発電を設置して問題点を指摘している人は入ってないもの。市民参加のシンポジュームではなくお知らせしてやるシンポジュームだね。あ〜〜、毎日新聞さんはえ・ら・い!(やるだけマシか?)

このシンポジュームのお知らせの上には太陽光発電の特集記事があるのだが、「太陽光発電の仕組みや国、企業の取り組みなどを紹介する」記事であって、市民や消費者にとっての問題点の指摘が無い!これではまともな?報道としての視点に欠けるのではないだろうか?
 

消費者は文句も言わずに環境に良い事をするなら損を承知で協力しろ!
  
と言っているようなものだ。違うかな?こういった問題点を解決せずに太陽光発電さえ普及すれば良いと考えている限り、太陽光発電は普及しない?し、よしんばそれで普及しても、まともな市民社会にはならんという事だよね。それが分からないのは既成のマスコミの限界かな?
   
一応、参加申し込みをして、この点について質問を出すことにしょう。さて、どんな返事があるのかな?当日が楽しみだ・・・。
  

 
はい、見に行ってきました。で、呆れて帰ってきました。
 
 
た、た、たまりません。予測どおり・・・。まるで出来レース。ショウとしてみるなら最低。金返せです。

見城美枝子氏が価値を聞いたが、どうもその辺りの返事がおかしい。濱川氏が価格が安くなれば普及すると言うのは一面で正しい、が、これをテレビや携帯電話と同列に論じるところが問題だ。 いかんね〜。

消費者が商品として欲しているのは100ヴォルト60ヘルツまたは、50ヘルツの交流電気でしかない。普及する為には商用電源との価格競争に打ち勝たなくてはならないのだ。それはきれいな電気の価格をどう決定するかの掛かっている。つまり、環境負荷をどのように価格に反映させるかに掛かっている。

それは最終的には化石燃料との競争だ。また、10兆円以上が既につぎ込まれている原子力発電との競争も必須なのだ。いや、原子力に関しては太陽光発電は相性が良いね。でも、本質では全く異なっている事を知らねばならない。

しかし、ま〜〜政府のお役人は原発が好きなんでしょう?またしてもご丁寧に20基建設するとのたまわった。

会場から質問は受け付けない・・・。君たち聞き置きなさいだ。馬鹿にしてますね。毎日新聞さん。勉強不足も良いところ。だからつぶれかけるんだよ。その割にはいいとこにビルを建てたもんだ。(あれは旧国鉄の用地だったと同行した父が言っていた。どうやって手に入れたのかな?)
 

で、参考になった情報を

濱川氏の基調講演で シンポジュームから
  1. シャープの冨田孝司氏が御前崎灯台での太陽光発電設備が30年経っても動いていると報告。
  2. ミサワホーム・石川修氏、屋根材として使われるようになれば現状でも十分ペイラインにのっている。4〜10年で発電屋根材が主流になると報告
そして、新エネ財団の星野健一郎氏が明らかにしたのは
注目の今年の補助金のスキーム
  • 金額は今年と全く同じ キロワットあたり34万円
  • 上限撤廃?最高10キロワットシステムまで補助
  • 居住に足る建物ならOK 別荘でもいいよって事
  • 個人でも、住宅デベロッパーでもいい
  • さらに個別の自治体が応募できる
 

 ?このスキームの変化は、どういう意味を持つのか?
 
簡単な事だ。予算の消化が出来ないと分かったからだ!一昨年の太陽光発電モニター制度で3000番近くまでなった辞退者の続出。この3月に締め切った昨年度の補助金の未消化の懼れ、これは持ち越しで予算を使えるが、昨年のままのスキームではこの補助金にそっぽを向かれると言う事が分かったからだ。

官僚の作った今の枠組ではもは目標は達成できないのだ。でもね、なんとか乗り切れるかもしれない上記の石川修氏の報告にある屋根部材として組み込まれれば問題は解決する。で、メーカーの営業マンや可哀相なお人好しが?犠牲になるんだ。

でも、この3年間に高い買い物をさせられた方々は(中にはズルをしてとっても安くせっちしちゃったちゃっかりモノも居るのは、僕知っているよ。でも言わない)お人好しの大ばか者です!

で、結局、潤うのは後から設置した奴と自分で労せずにピーク電源を手にした電力会社とそれまでに勝ち残る太陽光発電メーカーの3者。僕なんて450万円の高い買い物をさせられて、さらに大嫌いな原子力のゴミの処理費用まで支払わされるんだよね。

あ〜〜〜、本当に日本は子孫に誇れる良い国だね。ずるい奴と金持ちを優遇する素敵な国だ。これで原発20基とセットでCO2の削減に成功しましたと言われちゃたまんないよね〜。
 

ほれ・おまけ・だ。

asahi.com 1998/05/12

■エネルギー供給の化石燃料比率を75%に削減

 2010年度見通しエネ庁が原案──温暖化防止を前提 

 通産省・資源エネルギー庁は十一日、総合エネルギー調査会(通産相の諮問機
関)の需給部会に対して、温暖化防止の国際公約を達成するため、現在、エネル
ギー供給の83%を占める化石燃料の割合を二〇一〇年度に75.1%まで落と
すことを柱とする「長期エネルギー需給見通し」の原案を示した。二酸化炭素
(CO2)を排出する石油や石炭などの使用を減少させるかわりに、原子力発電
の割合を12.3%から17.4%に増やすとしている。

 原案は(1)二〇一〇年度まで年平均二%程度の経済成長を実現(2)CO2
排出量を一九九〇年度レベルに抑制(3)エネルギー安全保障の向上――の三つ
を同時達成することを前提に作成された。

 エネルギー供給は九〇年度の年間五億二千六百万キロリットル(原油換算)か
ら九六年度に五億九千七百万キロリットルに伸びた。省エネなど新規の施策を打
たない場合(基準ケース)では二〇一〇年度に六億九千三百万キロリットルにな
るが、これを六億千六百万キロリットルに抑制する。

 供給の内訳は、九六年度に55.2%を占めた石油の割合を47.2%に、1
6.4%の石炭を14.9%に減らす一方、化石燃料の中ではCO2排出量が少
ない天然ガスは11.4%から13%に伸ばす。一方、発電過程ではCO2を排
出しない原子力による電気エネルギーの供給を約千八百億キロワット時(原発二
十基分に相当)増やすとした。

 新エネルギーについては太陽光発電の設備容量を五・七万キロワットから五百
万キロワットに、太陽熱利用は百四万キロリットルから四百五十万キロリットル
に、風力発電は一・四万キロワットから三十万キロワットへと、それぞれ大幅に
増加させるとした。
 

こうした縫方策では何の解決にもならんという事は既に指摘されている。 ここ