2006・04・23 ご案内
お日様  NPO法人「市民ソーラー・宮崎」 お日様


fenix

NPO法人「市民ソーラー・宮崎」は、「太陽と緑の国」と呼ばれている宮崎の自然特性 を生か して、太陽光発電所を市民の共同出資方式で建設・運営し、県民に広く太陽エネルギー利用に関する情報を提供すると同時に太陽エネルギー以外の自然エネル ギー利用も推進する活動をすすめ、この活動を通して、地球温暖化防止への関心を高め、合わせて地域振興と生活環境の改善に寄与することを目的としていま す。

設立 平成17年 5月16日 

所在地 宮崎県宮崎市 鶴島2丁目9番6号 みやざきNPハウス 401

理事長  工学博士  西 亮

会員 40名 

活動事業


(発電事 業) これは市民が直接お金を出す公共事業です

(市民活動・事業)

こうした活動を進めていきます。


市 民共同発電所「市民ソーラー・宮崎」プロジェクト ご案内

より詳しくは・・・  ここをご覧下さい。

宮崎では10年前に日本ではじめての市民共同発電所が立ち上がりました。それをお手本に全国で70を 超える市民の共同出資方式の共同発電所が作られています。

このプロジェクトが提起した自らの電力を自らの責任でつくろうと言う考え方を基本に、さ んさんと降り注ぐ太陽の恵み を電力に変えて社会に「環境負荷の無いきれいな電気」供給する新たな取り組みを始めます。

私たちは、みんなが無理なく自らの電力を自らの責任で作れる仕組みを提案します。また、 この宮崎の自然の生産力を見える形にして皆さんが望むこの宮崎の自然との共生型社会「太陽と緑のくに・宮崎」見える形で 提示します。

この他、南郷 町のトンネル照明用に17年前に設置され その後、使われなくなった独立型太陽光発電システムを再度、蘇らせる計画を進めています。また、平和台公園のレストハウスの屋根を使った市民共同発電所な ども 計画中です。

また、このきれいな電力にはCO2を出さない環境価値がありますし、こうした新たな価値 を中心に置いた地域経済システムの研究や、自然エネルギーの利用推進、循環型社会の構築などの研究、提案、実験的取り組みをすすめます。

未来は、自分たちで創り出すものです。



■  検証・NEDO太陽光発電フィールドテスト事業
  • 民間企業での実態(聞き取り調査による)