● 設置場所はこんな所 ●


(みなさん、お待たせしました。現地公開です)


ここが関西で初めて「市民の、市民による、市民の為の共同発電所」“いしべ市民共同発電所「てんとうむし1号」くん”が設置される「なんてん共働サービス」です。正面に見える建物の屋根のこちら側に設置されます。


設備は京セラ製の4.35kWシステム。価格は設置工事費込みで370万円かかる見込みです。(補助金がありませんから全額、プロジェクトの設置者が共同で負担します)設置工事は5月中には完了する見込みですが、関西電力との契約が完了しないと発電が出来ません。その為、発電開始は6月末になるのではないかと思います。

「なんてん共働サービス」の試算では、使っている電気の量と発電量が同じぐらいになるので、「これからは節約に心がけて出来るだけ多く逆潮流で社会に電気を送りたい」と話しています。立派な心掛け!電気のことについて何も考えないで使うことしか考えない人は反省しましょう。

(1997年4月25日公開)