2003/03/30〜04/30

ものぐさ エコ・ヴィッツ 日誌 @

 トヨタ・ヴィッツの低燃費バージョン・アイドリングストップ・ヴィッツ(メーカーではスーパーインテリジェントとか言っている)がやってきた。

これをどう呼ぶか考えていたが「エコ・ヴィッツ」と呼ぶことにした。ただ、このエコはエコロジーのエコではなくエコノミーのエコである。だって、そもそも車なんてものはエコではないからだ。(理由は化石燃料を燃やして捨てるだけで何ら生産しないからだ。化石燃料食い潰し文明の申し子だよな)色は殆どこのHPの色と同じ。汚れ場目立たない色ですわ。
※アイドリングストップ機構のものは以前、フォルクスワーゲンが出してたと思う。
トヨタがホンダのフィットに大衆車1位を抜かれて頭に来て、対抗策として出してきたのがヴィッツの低燃費化である。23.5Km版をだし、さらにコマーシャルなんかでので優位性をだそうと出してきたのがスーパーインテリジェントとか銘打ったこのアイドリングストップ版である。(カタログ値で25.5Km/Lって書けるから・・・)

そんで、偶々、新聞でこのアイドリングストップバージョンのモニター募集してたのでインターネットで申し込んだら当たっちゃたのだ。(この時に、自宅で太陽光発電を8年前からやっていると書き込んだのが効いたらしい)

昨日まで乗っていた車(日産サニーの10年ものの4WDフル・マニュアルバージョン。何と窓は手回しハンドル、ロックは非集中方式で大変だった←これは車を知人と交換したもので車検があったので仮に乗っていたもの)をを買い換えようかと悩んでいたのであるが、そういう事から考えればラッキーだった。この車は廃車となった筈だが、もしかするとロシアに行くかもしれないな〜。

※籤運は良くないんだよ〜。8年前だって太陽光発電補助金に当たっちゃって  何と公式には450万円も出したんだから〜。その五年後に設置したらこ〜〜んなに得したというのは下記のファイルを見れば分かる。
 
  http://www.watsystems.net/%7Etrust/hukousei2000.html    
 
そいでもって16Km走ったばかりの新車のヴィッツがやってきた。1年間の間、一ヶ月あたり5000円を支払うのが私の負担分。その代わりに一ヶ月に一回のモニター報告を出すことと、新聞か雑誌のコマーシャルに協力すると言う条件が付いている。こんな記録を公開すると取り上げられるかも知れないが、これは書かないで置くわけには行かない。

さて、ホンダ・フィットと比べてみる。(実はフィットは買おうかと思っていた車であって、ちゃんと自腹でレンタカーを借りて三日間乗ってみた経験があるのだ。で、このモニターに当選しなかったら買っていただろうな〜。で、何と、妹が先日、買ってしまったのである。ありゃりゃ・・・)

実用燃費はまだ不明であるが、(何たってやって来たばかりであるので〜)ファーストインプレッションだが・・・。

フィットはトリップメータの表示に燃費表示に出来る機能が付いている!のに、このエコ・ヴィッツは付いてないのだ。ただ、変なものが付いているアイドリングストップの合計時間が出るのだ。(阿呆みたい・・・)

 必要なのは一体、どれだけの時間止まったかではなく、それによって実用燃費がどれだけ良くなったかである。(トヨタって馬鹿だなっておもっちゃいましたわ)で、この点ではトヨタの負けである。この表示は付けるべきだ。
※一ヶ月5000円で貸してくれるからといって決して、トヨタに甘い点は出 さないぜ!
ただ、乗り心地はフィットがヒョコヒョコするのに比して剛性感はあるかなって感じ。消費財として見るなら出来は悪くはない。乗って走るだけならね。
 
しかし狭いよな〜。これは妹も言っていた。彼女は比べてみてフィットを買っているのだ。先日、伊勢まで奈良から墓参りに行ったらしいが、4人乗って子供二人大人二人で17.4Km/L走ったと報告を上げてきている。

明日といっても今日だが、本渡市で開かれる菜の花サミットに行くのでこのエコ・ヴィッツの長距離燃費が分かるだろう。  


以下、メールで出したものへ返信

【後輩から】

 また、中川さんのもとに最高のおもちゃが行ってしまった。 あ〜あ。

 エコロジーではないといいますが、 車に乗る以上、現実的な道なんでしょうねえ。

 その性能を高めるというのも重要なことなんでしょう。

【友人Aから】
 カローラの販売台数は、カローラセダン、カローラフィールーダー(ワゴン)カローラーランクス(5ドアハッチバック)、カローラスパシオ(SUV)の4車種の合計の販売台数なんですわ。

 カローラセダンだけだったら、とっくの昔から販売台数は抜かれています。まあ殆ど誰も知らないから、タダ単に新聞に「33年間販売台数が首位だった」と書かれると「カローラ」って凄いねと思われるよね。

 せめて新聞もジャーナリストも「4車種の合計」くらい書いてほしいよね。もう少し踏み込んで、販売台数のカウントの仕方がおかしいと書いてほしいくらいだけど、誰も書かんね。

 トヨタってそんな「せこい」会社なんですわ。

フィットもセダン(フィットアリア)を出しましたが、こちらはタイ製の輸入車ということでフィットとは別カウント。ちなみに、2月の販売台数は カローラ軍団:2万119台で1位、フィット:1万9055台

 後、トヨタって会社は他社が切り開いた、市場を「とことん」たたきに行きます。例えば、ホンダのストリームの市場に「ウィッシュ」をぶつけて、2月の販売台数1万6208台で3位です。

 まあ、後出しのジャンケンみたいなもん。まさしく、「儲かる」とわかると参入し、「儲からない」とわかるとすぐに撤退する、典型的な「日本企業」 

 プリウスを含めて、ハイブリット車については評価はできるけどね。

 後、燃料電池車なんかは現段階で世界で一番進んでいる。車の燃料電池はインフラ(ガソリンスタンドに変わるもの)や振動、後続距離等まだまだ解決する問題はいっぱいあるが、

 固定式の家庭用燃料電池は、すぐにでも実用可能っていうか、もう売っていた気がしたど。技術的には、動くもの(車)を実用化されるには、もの凄い環境下に耐えられないと行けないけど、据え付ける屋内のものはそれほど難しくない。

 また、豊田労働基準監督署では豊田市近郊の年平均労働時間が2300時間/年(多い人ではなんと3600時間/年)で「サービス残業」で好きでやっているから出す必要はないと言っていたが、

 このことが共産党の議員に国会で指摘されて、日本経団連を兼ねる奥田会長が、直ぐに残業代を出して交わした会社。

 まあ、こんな人間が会長がやっている会社が、昨今「すばらしい」ともてはやされていること自体が、全くおかしいんだけどね。
【知人Bから】
やっと、少しは現代の自動車技術に接する機会が得られたようで、ご同慶のいたりです。

トヨタの燃費技術の実力を試すよい機会であるし、メーカーの宣伝と実力の差がどの程度か認識できるとおもいます。

多分、実用燃費はモード燃費の6〜7割程度と思います。しかし、確実に10年前の車より燃費はよいはずですから、少しでも化石燃料消費削減に協力することになるでしょう。

年間で12万円、5年間のるとして、60万円ですむのですから、その間の車輌代、経費は160万円を超えるでしょうか、約100万円のボーナス。でもまだ350万円が戻ってきていませんから、太陽光発電の優遇制度を、なんとしても実現しなければなりません。

いや、ちょっとまて、1年経過後のモニター車は取り上げられるのでしょうか?
少なくとも5年は使わせるように、トヨタにかけあったらどうでしょうか?
新車の1年間だけモニターして、エコだなどとはいえないでしょう。

ちなみに、当方のシビックハイブリッドは、国費の補助金23万円で、6年間は乗るように義務つけられています。



先日、書いたばっかの

【エコカー税制(試案)

国土交通省では自民党のお馬鹿に言われて、つい最近、自動車の環境優遇税制を縮小した。(こんな金だけしか見ない連中に付き合っていたら地獄意へ連れて行かれちゃうぜ〜。石油の出ない国でこんなに車が走っているのが変なんですから〜)

では、環境自動車税制の提案です。

考え方は実に簡単、燃費がよくない車は税金を高く、良い車は税金を安くするだけです。軽自動車だろうが普通車だろうが燃費を基準にします。

基準燃費は10.15モードで15Km/Lとして年5万円とします。(但し、基準燃費自体を1年に0.5Kmずつ上げます。これは10年間行います←毎年見直しますが下げません!)

■ 10.15モードで15Km/Lから1Km/Lずつ燃費が良くなるごとに5000円ずつ税金を安くします。これは5年間有効で、以降は1年に1000円ずつ上げていきます。

 例:30Km/Lの車は45000円割引なので年間5000円の税金です。

    ■ 10.15モードで15Km/Lから1Km/Lずつ燃費が悪くなる場合は反対に5000円ずつ税金を上げます。これは5年間有効で以降1年につき2000円ずつ上げます。

    例:リッター10Kmしか走らない車は7万5000円支払いです。9Kmなら8万円、8Kmなら8万5000円、7Kmなら9万円です。

       で、燃料に掛ける税金も考えましょう。

    ■ 今掛けられている税金を年5円ずつ上げます。これも10年間行います。

    さて、メーカーは困りますので、開発費予算はどんと補助金で出します。年産1万台以上の自動車を生産している国内メーカーに開発費予算として年間2億円を10年間支出します。大メーカーも中小メーカーも同じです。これについては報告は求めません。どう使おうが勝手!ま、生き残りたかったら、頑張ってくださいな。

    対象となるメーカーはトヨタ・ホンダ・三菱・ダイハツ・スズキ・マツダ・スバル・日産かな・・・。

    大変だって、そりゃ大変です。でもね、ここでの競争に勝ったら・・・。世界市場で競争力を持てるんですよ。それがメーカーの競争を促進し世界市場での競争力を持たせ、併せて地球環境に貢献することになるんです。


    2003/03/30
    ものぐさカラーのエコ・ヴィッツの初回燃費計測報告です。

    16Kmで満タンにしてそこから360KM走行。 (熊本県本渡市で行われた九州菜の花エコ・プロジェクトの第二回総会に行ってきました)高速走行無し。田舎道ばかり走りましたので信号でもあまり止まりませんでした。山道は殆ど無し。平均車速は40Kmぐらいでしょうか・・・。

    で、16.5L 入りましたので、燃費は 21.81Km/L でした。走り初めなので、も少し燃費は良くなるかもしれません。
    ※実はタイヤの空気圧が2.0Kgしかありませんでした。危なかった。規定は2.8Kgです。高速使わなくて良かった。これが規定どおりだったら 22Km/L は行ったかも・・・。来月ぐらいにエンジンオイル添加剤を入れてみようかな?あのホンダ・フィットでエンジンに打ち込んでいる奴です。
    乗り心地はさすがにトヨタ?快適です。イスも良く出来てます。腰が痛くなりません。ヘッドレストが前より気味過ぎますけど。ま〜許容範囲。同じ系列の文さんのっているダイハツのYRVよりは高級ですね。ウィンカーのディマースイッチなどはそれなりの質感があります。消費財を作る能力だけは日本のメーカーは確かに高いですな。

    ※仕事へ言っての帰りがけ、買い物を・・・。やっぱり4ドアーは便利です。それと助手席にあるものが落ちない機構アイデア賞ものです。さらにたくさんあるモノ入れは実に便利。道具はこうでなくちゃね。


    【妹のだんなから】
    vitz快調のようですね、我がfitは、町のりでずっと16.5ぐらいで走っています。

    このリッターあたりの表示にしてから、この数字を伸ばすことを考えて運転してしまうので全然飛ばさなくなりました。以前は、車の車間が空いていると、すぐに詰めたくなってブーンと飛ばしていたのですが、なんとおとなしい運転になったことでしょう、こんなに効果があるとは、自分でもビックリです。それと、フィットの後ろを走ってると皆ゆっくり走ってるようにおもいます。これは、気のせいでしょうか!!

    お兄ちゃんもフィットの後ろを走ったとき気をつけてみてくださいませ。あーーリッター表示は楽しい!でした。


    ※ 法律で自動車にはリッター表示を義務付けたらどうやろうか?最近の車は殆ど、コンピュータ制御になっているからこれは簡単に出来る筈。きっと燃費が上がるぞ〜。

    妹家族の車はこの他、めちゃくちゃ燃費の悪い三菱のスペースギアなんだけど、きっと、これからのお出かけにはフィットが活躍するだろう。

    2003/03/31

    今日は、エコ・ヴィッツ寝てました。仕事場までは自転車で10分。午後は雨になるとの予報でしたが、濡れても死ぬわけではありません。でも、7時半過ぎには雨が降ってきました。桜がきれいですが、この雨で散ってしまうかも・・・。で、夜中にちょっとお出かけして一青窈のCDを探して、2000円で買ってきました。

    2003/04/01

    今日から正式な?モニター期間が始まる。処で、気になっていたプリウスの新型を検索したら面白いページを発見した。http://www.bx.sakura.ne.jp/~kurenai/penguin/research.htmlである。こういう風なユーザーの意見をどう取り入れるかでしょうな。確か、プリウスは今年フルモデルチェンジだからね。購入の選択肢に入るな。ただ、問題はプリウスのライフサイクルアセスメントだ。例えば10万キロメートル走るとしてどれだけのCO2を標準的に排出するかが分かるような数字が公開されるべきだろう。

    2003/04/02

    いかんな〜。つい新車だと言うことで用もないのにドライブしてしまう。今日、仕事場で燃費の良くない車に乗る先輩と話をしていたが、彼は別に燃費の良くない車に乗ることが悪いことだという意識はそう無かった。ただ、地球温暖化の問題にかんしてちょっと説明を以前にしていたので少し拙いと言う感覚は持ってきているが、やはり、他の皆がやっていると言う逃げ口上を口にする。ま、普通の人はそういうものなんだろう。それと、職場の若い連中は全くそうしたことには興味を持っていない。

    2003/04/02

    ちょっとお仕事の都合上、昼からの仕事でかつ夜の7時15分からきっかり1時間外に飯を食いに出ることになったので、燃費計測の為にガソリンを入れました。前回の給油から68.06Km走行で4.6L入りました。14.7956Km/Lでした。これは殆ど町乗り。

    【若い友人から】
    先日でしたか、ニュースでイラク戦争で使われているM1エイブラハム戦車はリッター250メートルだといってました。

    以前自衛隊の方に日本の戦車の燃費はどんだけか聞いたところリッター400メートルといっていたのでM1戦車はまだ食いそうだな〜とおもってたら、、。ちなみに砂漠じゃ100メートルらしいです。

    石油のあるとこ目指して疾走する戦車ってわかりやすい絵ですね。
    【最近、お母さんなった方から】
    エコビッツのレポート、大変興味深く読ませて頂きました。

    私も低燃費型の自動車が「エコ」である、として環境にさもよさそうなことをいうのは、ジャロに訴えてもいいんじゃないかと常々感じています。単にエコノミーなだけですよね。レポートの続きを楽しみにしています。

    ほんとに、大変な時代を生きていかなきゃならないんだなーって子供を見ながら思います。

    でも、親が悲観的になっちゃいけないんじゃないかなって最近は思うんです。自分達の努力で世の中をましな方向に向けることができるんだって(そりゃ、とても大変なことですが・・)子供には教えてあげなければ、つまらないだけの世の中と思ってしまいそうで。でも、これって、私が行動で示さなきゃいけないことでもあるんですよね。。

    仕事の中では、どうも非力で情けないのですが。せめて生活の中でなにかと思いつつも、いまのところ、できていることは、クーラーをつかわないことぐらい。。


    エコと称するならヴィッツに燃費計は必須!だろう。 

     これが今日の結論。

    2003/04/03

    昨日の結論に朗報?上記で面白いページと紹介したHPの作者からメールを頂いた。そのメールに燃費計の紹介が有った。

    プリウスライフのペンギン丸さん】の返信メールから
    テクトムからFCM-2000なる燃費表示可能のメーターが発売されております。ヴィッツITパッケージに対応しているかどうかは不明ですがリーンバーンエンジンではありませんので、おそらく搭載できるのではと思います。もし、装着されるのならば、メーカーに問い合わせされる事をお勧めします。

      http://www.techtom.co.jp/FCM2000.html
    ちょっと見たところ高いな〜ってのが第一印象。初めから車についてればそう感じないだろうけど〜。一万5千円なら即、購入なんだけど〜。

    さて、本日、仕事場までは桜の下を通って自転車で・・・、自動車による通勤でCO2排出は有りませんでした。

    途中、公園でその姿にいつか写真に撮るか描いてみたいと思っている一本の木に春の新芽が芽吹いているのを見つけました。

    一方、九州電力が太陽光発電の電気を買う価格がRPS法認定の権利を譲らない場合はたったの3円と言って来たと言うことで凄く気分はブルーです。


    2003/04/04

    本日は朝から雨。傘をさす代わりにエコ・ヴィッツに乗って出かけてしまった。昼の食事に同僚と新しく入ったアシスタントの女の子とこのヴィッツでお出かけ。農協がやっているというお店で昼の焼きシャブ・サービスランチ1200円を食す。この女の子の乗っているのが初代ヴィッツで、燃費は12.5Km/Lとか・・・。昔のヴィッツって燃費悪かったんだ。

    おりょりょ、日経の記事から・・・
     ◆3月の国内新車販売、ホンダのフィットが首位に

      日本自動車販売協会連合会は4日、2003年3月の乗用車の車名別新車ランキング(軽自動車を除く)を発表した。ホンダの小型車「フィット」は前年比30.5%増の3万2429台を販売し、3.8%増で2万8981台のトヨタ自動車の大衆車「カローラ」を抑え、2カ月ぶりに首位に返り咲いた。

      排気量1300cc前後の小型車が好調を維持。フィットに加え、日産自動車の「マーチ」「キューブ」、トヨタの「イスト」などが10位以内に入った。

      トヨタが1月に発売したミニバン「ウィッシュ」はミニバン市場の競争が激しくなる中で2月に3位に食い込んだが、日産の「マーチ」「キューブ」に食い込まれ、5位に後退した。


    こりゃ、トヨタは頭にきてるじゃろうな〜。でも3月の分はエコ税制の駆け込み需要が多いだろうな〜。フィットは4月からはエコ税制適用無しだもんな〜。ちょっと酷いよな〜。このうちの一台は私の妹の所の車ですな。


    2003/04/05

    お天気よござんしたが、職場までエコ・ヴィッツでお出かけ・・・。帰りがけに寄り道をして灰皿を買いに行く。だって付いてないんだよ。で、別に注文するとシガーライターと灰皿セットで何と1万5000円こりゃ〜ちょっと暴利でしょ。トヨタさん。こんなもんに金出すなら、34800円の燃費マネージャーを買うわ。 これ25000円にならんかな〜。 

    今日までの総走行距離は461Kmでした。さて、明日は諫早で九州はじめての市民風力発電の発会式だ。


    2003/04/07

    昨日はくたびれ果てて書けませんでした。さて、行ってきました、諫早まで・・・。で、車を止めたらその横に何とフィット。誰の車か知らんけど〜。で、公開!

    ヴィッツとフィット
    実は、写ってないけどこの2台の隣に147Km/Lも走るウルトラ
    低燃費のスーパー・カブが止まっていたのだ。これには参った。


    帰りがけに風車見物に行ってきましたが、この風車のある場所から立派な道路があってそれを通ったにも関わらず、何とこのヴィッツについているカーナビでは道なき道を走ってる状態でしたね。こんな役に立たんナビを付けさせるなよな!燃費は明日にでもガソリン入れにいってきますので、お待ちを・・・。


    2003/04/08

    今日はお仕事無かったので急遽、お休みにしました。で、午後からガソリン給油へ〜。前回給油から216Km走って12L。という事は、18Km/Lでした。で、今日までの総走行距離は686KMです。PHSのカード接続パソコン用ケーブルを無くして落ち込んでましたが(実は1円で買ったPHSカード。以前、ケーブルを無くしててたまたま1円の処分品を見つけて喜んで買ったにもかかわらずその3日後に無くした)同じところへいって今度はUSBケーブル接続のものを580円で見つけて買いました。カードタイプは1980円でしたので、こっちにしました。


    2003/04/09

    エコ・ヴィッツ、今日は、日がな一日、駐車場で日向ぼっこしてましたのでCO2排出はゼロでした。で、思いましたね。実に勿体無い・・・。折角ならこの車は誰か必要な人が乗っても良いんですよ。その考え方がヨーロッパ辺りで拡がっているカーシェアリングです。

    【参考】http://www.hotwired.co.jp/news/news/culture/story/20000606206.html

    でも、日本ではまだ車を所有することが豊かさだと思っているし、自分の体の延長で車を捉えているからね。難しいですわ。

    さらに、通勤途中の公園(何時もここでベンチに座って一服するのが日課です)で、思いついたのが、このアイドリングストップ機構の用途です。おそらく一番この機構が有効なのは配達の車でしょうな〜。止まっては用事を足し、ちょっと走ってまた止まる。それもかなりの時間で信号待ちなんかよりも長い時間ですからね〜。



    で、今日の提案 アイドリングストップ機構は配達用の自動車に・・・

    で、明日は天気がよさそうなのでエコ・ヴィッツはまたしても日向ぼっこでしょう。



    2003/04/10

    さて今日も、やっぱりエコヴィッツは日向ぼっこしておりましてCO2排出はゼロでした。

    で、燃費マネージャなるものを購入することとしました。これは先に紹介したプリウスライフのペンギン丸さんから教えてもらったところのHPで別の燃費改善ツール・トップフューエル ZERO-1000パワ・ーネオとセット販売で値引きされてたので買うことにしました。(又しても財布からお金が出て行く〜。ま、しかし、銀行で不良資産化するぐらいなら良いんでしょう)

    さて、どれほど効果のあるものなんでしょうな・・・。(実はこれ以外に、自転車を購入してしまったのですわ。折りたたみ自転車で前後ショックアブソーバー付きで12000円ほどなんです)

    そうそう、フィットも超低排出ガス規制をクリアーしましたで〜。トヨタさん又しても面目丸つぶれ〜。悔しいやろうな〜。

    http://www.honda.co.jp/news/2003/4030410-fit.html

    四輪製品ニュース
    --------------------------------------------------------------------------------
    2003年4月10日
    「フィット」1.3リットル FF車を改良し発売
    --------------------------------------------------------------------------------

     Hondaは、先進スタイル、低燃費、使い勝手の良さで幅広い層のお客様に好評のスモールカー「フィット」の1.3L FF車を改良し、国土交通省「超−低排出ガス」認定を取得。
     4月11日(金)より、全国のHonda四輪全ディーラーから発売する。
     また福祉車両の助手席回転シート車「フィット・アルマス」についても同様の改良を施し、4月18日(金)より、全国のHonda四輪全ディーラーから発売する。


    ま〜出るやろうなって思ってたら、やっぱ出しましたね。そりゃ〜コンベンショナルであれだけ追い込んで作っておいて税金で差をつけられたらたまりへんわな。ま、こういう競争だけはやらんといけませんな。


    2003/04/11

    今日は朝から雨で、傘代わりにエコ・ヴィッツ出動しました。狭い職場の駐車場で軽の置き場に置けちゃいました。やっぱ馬鹿でっかい車は迷惑ですからね〜。(最近、こういう車に乗る若い奴が多いんだわ。うちの職場でも)

    さて、仕事場の隣の病院の駐車場を見ると沢山車が並んでいるわ並んでいるわ。100台以上あって一台100万なら1億円。これが千台なら10億円。実に豊かな国ですな〜。この国は・・・。で、100台の車が燃費10Kmでも10万キロメートル走るなら1万リットルのガソリン使用でリッター100円なら100万円。100台なら一億円ですわな。これが全部環境を壊しているんだから始末悪いです。


    2003/04/12

    エコ・ヴィッツでお出かけしたのは隣町にある医院へ。実はここに新たな市民共同発電所を作ろうかという話です。このプロジェクトは密かに「さがん・市民共同発電所「あかひげ」プロジェクト」と名付けてます。

    http://www.watsystems.net/~trust/saga/saga-t/saga-sp.html

    前後ショックアブソーバー付きの自転車来ました。で、組み立てましたら〜、ちょっとサドルが低い・・・。どうしよう?でも、20インチなのでギア比が此れまでのものよりも合っているので軽快に走れます。何て書いてたらトヨタから初回の点検に来てほしいとの連絡。あら、この時間までトヨタのディーラーの人は働いているんだ。こりゃ〜働きすぎではありませんかね。


    2003/04/13

    早朝、仕事場へ30分ほど仕事をしてまた戻ってきました。往復3Kmほど。自転車で行くべきでした。で、夕方からの仕事へは自転車で〜・・・。帰りは深夜でしたわ。


    2003/04/14

    エコ・ヴィッツは日向ぼっこしてました。その間、私は働いてました〜。で、エコ・ヴィッツが代わりに働いてくれんやろうか?無理やろうな〜。エコ・ヴィッツは化石燃料食いつぶしながら移動するだけだもんな〜。燃費モニターが届きました。それにしても高価。さて、高価のほどは・・・。明日は代休なんでエコ・ヴィッツの健康診断に行ってきますわ。


    2003/04/15

    エコ・ヴィッツはお出かけしました。初めての健康診断で、オイル交換と燃費モニターの取り付け。受付のお嬢さんお茶ご馳走様。(素敵〜。デートして欲しい〜。関係無いか・・・。おじさん何考えてるんでしょね)

    ついでに?三瀬村までドライブ〜。合併反対で村長選挙に立候補してしまった東さんへエールを贈りに行ってきました。で、お母さんにおいしい「手作りおひたし」頂きました。ついでに?東さんの卵購入。その東さん、エコ・ヴィッツ試乗したらやたらアクセル踏むんです。何で〜?(実は昔、バイク乗りだったので・・・との、お答え頂きましたわ)

    で、その後、元・博報堂社員で「都会は変だ。こんな暮らし本物じゃないよな。阿呆らし」と仕事やめちゃって三瀬に移り住んじゃった小野寺さん宅へ・・・。今は竹炭焼きのプロです。第二子が生まれたばかりで、上のかわいい2歳半のお嬢と遊んできました。(今や、都会を捨てて田舎へ移り住むのがトレンディーになんだよな) 

    彼は、私と違って穏やかな物腰。やはり、違いますな〜。肩の力も抜けているけど、魂入ってますもん。脱帽もんです。また、魂の洗濯に伺わせてもらうことにしましょう。

    彼も試乗しましたエコ・ヴィッツ。「よく出来てますね」と感心してましたわ。こうした人にモニターしてもらったほうがトヨタは良かったでしょね〜。で、経済的な面から軽自動車のネイキッドに乗ってますが、「長距離は腰が痛くなってつらい」という事でしたので、使わなくなったシートバック用腰当を長期に亘ってお使い頂こうと置いてきました。あれ、結構良いんですよ。お陰で腰痛、緩和されましたもん。

    さらに、福岡のコーヒー豆屋さんアロマ珈琲の社長にひょんな事から知り合いになりました。この人、何と私と同い年。三瀬に単身赴任中。って言っても、「実は田舎に住みたいから、探してここに工場つくちゃったんですわ」って・・・(経営者は強し)


    2003/04/16

    満タン燃費計測結果報告、140Km走行で給油7L という事で 20Km/L でした。(悪くは無いわね、街中と山(三瀬)まで行ってきたにも関わらずの数値なので・・・)で、燃費マネージャー 設置一回目リセットしました。後、3回すればまともに数字を表示するらしい・・・。


    2003/04/17

    18日の晩は久しぶりに宮崎へ戻ります。3回目の長距離だ。さて、リッター何キロ走るかな?

    家に戻ってきたらCDが届いてました。昔々、レコードで聞いてたものをまた聞きたくなってウェッブで注文しました。で、これかなと思って先に注文したのは違ってて、今日届いたものがそうでした。アル・ディメオラ、パコ・デ・ルシア、ジョン・マクラフリンという3人の伝説のギタリスト達のライブです。

    さて、エコ・ヴィッツ販売元のトヨタは過去最高の増益です。ヨーロッパではヤリス(ヴィッツ)が売れているようです。しかし、何だな〜。走れば走るほど環境を破壊する車というものを売れば売るほど儲かるのがこの社会の基本的な仕組みなら、地球環境なんて良くなるわけが無いですわね。

    で、拙いと思っているのか、それとも環境派をもマーケットにしようと言うのか(ま、そう言う事だろうな)ハイブリッド車プリウスの新型をアメリカの自動車ショーで展示したらしい。

    トヨタ、ニューヨーク国際オートショーに次期プリウスを参考出展
    http://www.toyota.co.jp/News/2003/Apr/nt03_0403.html
    http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=44851

     トヨタ自動車(株)は、4月16日(水)から27日(日)<16〜17日:プレスデー、18〜27日:一般公開日>まで米国で開催されている、ニューヨーク国際オートショーにおいて、米国向け次期プリウスを出展した。

     出展プリウスは、1997年に世界初の量産ハイブリッド乗用車として発売した初代プリウスを一新させたもので、さらに進化させた高効率な新世代ハイブリッドシステムにより世界最高レベルとなる燃費、低エミッションを追求するとともに、走りの魅力を高めている。さらに、ユニバーサルデザインを念頭に先進の電子制御技術を導入した新しい運転操作系の採用、新しい乗用車のかたちを目指したパッケージとデザインなどにより、時代をリードするハイブリッド乗用車を提示している。
     さらにトヨタのHPを見ると・・・TOYOTA FCHV なんてページを作ってますわ。
    http://www.toyota.co.jp/company/eco/fchv/
    このうち面白いのは 総合効率を書いたページ http://www.toyota.co.jp/company/eco/fchv/fchv12.html

    ここで見るとあの2億円する燃料電池車なみの効率は一応、ハイブリッド技術でクリアーしているということになってますね。
    しかし、トヨタの言う効率では化石燃料の再生コストは入ってません。この辺をどう考えるかでもこの評価は変わるでしょう。

    一般消費者として気になるのは使い勝手です。何しろこれまでのプリウスときたら只の箱型乗用車で、人間だけ運びますなんてものでしたので買う気にもならんかったですけど、今回は5ドアーになるようだ。
    http://www.webcg.net/WEBCG/news/000013120.html
    どうも見たところ、日産のプリメーラみたいだ。前面のデザインはCOLTみたいだし・・・。さて、ホンダはどうするんだろう?大体、ホンダはシヴィックのハイブリッドを5ドアーで出すべきだったのだ。その辺でトヨタの後塵を拝することになるのは目に見えていたのだよ。(お馬鹿だな〜)


    2003/04/21

    宮崎までの往復の燃費 往路 20.448Km/L 255.6Kmで12.5L、 復路 17.444Km/L (宮崎での市内走行含む) 314Km 18L でした。 そこそこ燃費の良い運転を心がけた往路と若干飛ばし気味の復路でしたがこんなもんかいな〜。
    燃費マネージャーは2回目の設定を終わりました。一回目まのでデータは殆ど3分の2ぐらいの数字でしたね。この後では結構まともな数値が出てきてます。

    日頃の燃費が15Km/Lほどの宮崎のYRVに燃費の良くなるというマグネット製の装置を取りつけてきました。結果は昨日つけて来たばかりなので暫く結果は出ません。出たら書きます。これは、その後、ヴィッツに付けてみることにします。

    ヴィッツにはオイル添加剤は入れてませんので、次の機会に入れてみます。これはフィットには役に立たないものです。(理由は既にメーカーがシリンダーに打ち込み済みなので・・・)さて、どれほどの効果があるでしょうかね・・・。

    昼食後に近所を散歩。生垣にはさつきが花盛り、先週までは何も無かったのに・・・。で、道路沿いには車を止めて昼寝をしてたりする客待ちタクシーとか営業車のおにいさん、おじさんが居るけど、皆さんこのいい気候でもエンジンはかけっぱなし・・・。安いガソリンは節約しようなんて気にはさせませんな。さらに営業車なら自分でガソリン代は他人払いだもんな〜、人は自分が快適なら良いんですわ。


    2003/04/22

    いやはやトヨタは元気だね。燃料電池はインフラが整っていないからまだまだ。ここ10年ぐらいは化石燃料省エネ技術でいくんだろう。(燃料電池だって天然ガス改質ならそう変わらん)対抗馬(企業だな)のホンダは社長交代です。

    中国でもプリウス販売へ トヨタ 環境対応アピール

    http://www.chunichi.co.jp/00/thk/20030422/ftu_____thk_____000.shtml

     トヨタ自動車は二十一日、電気モーターとガソリンエンジンを併用するハイブリッドカー「プリウス」を中国でも販売する方針を明らかにした。新型プリウスを今秋にも日米欧で発売するなか、世界の車メーカーが狙う巨大市場にもトヨタの誇る環境対応車を投入することで「環境のトヨタ」をアピールしていく。

     新型プリウスは、モーター出力を高めることで現行タイプより燃費を向上した新型ハイブリッドシステムを搭載する。トヨタは同日から上海で開幕した「上海モーターショー」にも「HV−1」の名称で出展している。

     「中国政府からの(ハイブリッドカーとしての)認可関係事項など諸条件が整い次第、中国市場に積極的に投入していきたい」(広報部)考え。販売価格面などの課題も残るため発売時期は未定だが、当面は現地生産せず、輸出で対応する。

     中国では急速にマイカーが普及する一方、排ガスなどによる環境汚染が懸念されており、環境に優しいハイブリッドカーを他社に先駆けて販売することで、先行する欧州メーカーなどに対抗していこうとの思惑だ。

     トヨタは中国最大の自動車メーカー、中国第一汽車集団公司と今年から二〇〇五年にかけ、中国で「クラウン」や「カローラ」など四車種を共同生産。さらに中国市場専用の新ブランド「ダリオ(DARIO)」も立ち上げる方針で、中国戦略を加速させ、中国市場でのシェア(市場占有率)10%獲得を目指す。
    買ってくれるなら何処へでも売るんです。それが営利企業の仕事ですから・・・。投入された資本は回収され、さらに増えなければならない。それが資本主義の鉄則です。企業は慈善事業ではありませんので・・・。


    2003/04/23

    夕方から雨だということでエコ・ヴィッツは傘代わりに出動しました。ちょびっとドライブして平均燃費は12Km/Lほど(燃費マネージャー計測値。市内のみ走行)でした。


    2003/04/24

    今日も雨で傘代わり。走行距離はたったの3Kmでした。CO2出す傘って何やねん?


    2003/04/27

    25日の晩、昨日とかなり長距離走りました。さて、先ほど給油をしまして、走行310Kmで15.38Lです。20.156KmLでした。(燃費マネージャーでは15.9KmLでしたが・・・。←当てにならんな〜。後、2回ほど修正したら直るかいな?)

    それにしても、誰も燃費のこととか気にしてはいないな〜。地球環境を食い潰しているなんて思ってないよ。此れに対しては、ガソリン代を上げるしかないだろうな〜。でも、そんな政策は不人気だから今の政治屋はやらんだろうな〜。でも、再生コストの入ってないものを使うだけなんてのはやっぱ問題でしょね。

    友人の一人が無謀にも村長選挙に出てしまいまして、その選挙カーに一日だけど、BDFで走る車を借りまして少し運転しました。結構興味を示される人も居ました。

    さて、BDFというのはバイオ・ディーゼル・フューエルと言いまして植物系燃料です。植物系燃料の場合は炭素中立になりますので、地球温暖化への問題は有りません。菜の花の油を食用油としててんぷらなどの揚げ物などに使った後に、その成分の一部をプラントを通して一部変換してディーゼルエンジンの燃料として使います。

    菜の花エコプロジェクトという名称で全国各地で取り組みが始まっています。 http://www.nanohana.gr.jp/

    数年前に私は環境にやさしくない!トヨタのハイラックス・サーフに乗っておりまして、数回このバイオ・ディーゼル・フューエルを給油して走りました。この間だけハイラックス・サーフは環境負荷が少なくなってましたね。この間感じたのは、地球を食い潰してないよな〜って安心感です。

    この燃料は入ってますと、いつでも天婦羅屋さんの店先に居る感じです。職場の上司を乗せたことがありますが、この時に変な匂いがする臭いなどとのたまわったので呆れました。こんな奴がいる企業なんて大した事ありませんわね。ちぃ〜とは勉強してもらいたいものですわ。


    2003/04/28

    今日は朝一度、職場へ行って一仕事、その後、戻って風呂に入り、一休みしてまたお出かけ・・・。エコ・ヴィッツは2往復しました。眠かった〜。


    2003/04/30

    昨日はお出かけしました。往復100Kmほどでしょうか・・・。藁の家での山菜天麩羅の会へ参加しました。知人がまた増えました。

    燃費モニターの修正をしまして、その後の表示は20Km/Lでした。(これはかなり近い数字でしょう)今日は使わないつもりでしたが、夜になってから呼び出しがかかり往復3Km走りました。



    エコ・ヴィッツ日誌Aへ